練習中や試合中に帯がほどけてしまうことに悩んでいませんか?
特に少年部の子どもたちは、練習前にすでに帯がほどけてしまっていることがよくあります。
これでは大切な練習時間が無駄になり、試合では減点されてしまうこともあります。
そんなお悩みを解決するために、今回はほどけにくい帯の結び方を詳しく解説します。

空手の帯の結び方にはいくつかの方法がありますが、この記事では特に「さし結び」をご紹介します。
「さし結び」は少し難しいですが、しっかりと結ぶことができ、見た目も美しい結び方です。

これから空手を始める方も、すでに練習を重ねている方も、このガイドを参考にして、帯がほどけないようにしっかりと結び方をマスターしましょう。

本結び vs さし結び:どちらが解けにくい?

帯の結び方には主に「本結び」と「さし結び」があります。

• 本結び:一般的な団子結び。簡単ですがほどけやすいです。
• さし結び:少し難しいですが、ほどけにくく、見た目も美しいです。

今回は、ほどけにくい「さし結び」をご紹介します。
初心者の方にもわかりやすくイラストでまとめました。

さし結びの手順

以下の手順に従って、帯をしっかりと結びましょう。

  1. 帯の長さの真ん中がおへその下に来るように当てます。
  2. 後ろで帯を交差させて、前に持ってきます。右が上、左が下がひとつ目のポイントです。
  3. 左は帯の中に入れ込むようにして前に持ってくることがふたつ目のポイントです。
  4. 右手の帯は左に渡しておきます。左手の帯を、帯の下をかいくぐらせて右上に出します。出した帯を先ほどの左手の帯の下に通します。その時、右手の帯の上に来るようにします。
  5. ここで右手の帯を、全ての帯を抱えるように右上に持ってきます。
  6. 右上から帯の間に通します。
  7. 帯の両端を左右に引き締めて完成です


この結び方なら簡単に帯がほどけません。また、一本縛り(一本結び)になるので、後ろから見ても帯がきちんと重なっていてカッコいいです。帯がねじれていると見た目が悪いですよね。慣れるまでは難しいかもしれませんが、「さし結び」を覚えてカッコよく帯を締めましょう。

白帯の審査基準には帯をきちんと結べることが含まれています。しっかりと覚えてくださいね! 誠空会のYouTube動画も参考にしてください。

帯の結び方の動画解説

道着のズボンの紐が解ける場合の対処法

道着のズボンの紐が解けやすい子も多いですが、紐をくるっと回してあげると解けにくくなります。

ズボンの紐の結び方の動画解説

幼年部へのおすすめ:帯留めの利用

帯を結ぶのがまだ難しい幼年部の子には、帯留めを利用するのも良いかもしれません。下記のリンクから購入できます。

created by Rinker
¥1,390 (2024/06/16 23:31:20時点 楽天市場調べ-詳細)

空手初心者のためのガイド

空手初心者の方は、コチラこちらも参考にしてみてください。

【初心者向け】空手の礼法・道着のたたみ方・基本技まで一挙公開!

created by Rinker
¥1,650 (2024/06/16 18:10:42時点 楽天市場調べ-詳細)