前回の本土四大流派に続いて、今回は沖縄三大流派について詳しく見ていきます。
沖縄は空手発祥の地として知られ、独自の発展を遂げた武道文化が息づいています。その中でも特に重要な三大流派が存在し、これらは首里手や泊手の流れを汲む小林流(少林、松林)、那覇手の系譜を持つ剛柔流、そして戦後に誕生した上地流です。これらの流派は、それぞれ独自の技術体系と哲学を持ち、沖縄空手の発展に大きな影響を与えました。

「小林流」(少林、松林)

知花朝信

小林流は、首里手の流れを汲む知花朝信によって名付けられた流派です。小林流の特徴は、その自然体の構えと呼吸法にあります。構えや呼吸法に無理がなく、自然な姿勢を保つことを重視しています。また、当て身の破壊力を養成するための稽古が非常に重視されており、効率的で実戦的な技術を習得することが目的です。この流派は、力強さと柔軟さを兼ね備えた技法を持ち、初心者から上級者まで幅広い層に支持されています。

「剛柔流」

宮城長順

剛柔流は、那覇手系の宮城長順が創設した流派で、特に呼吸法に重きを置いています。剛柔流の名前が示すように、剛と柔の二つの要素を融合させた技術体系が特徴です。攻防の技はすべて呼吸法で極まるという教えから、基本の型から呼吸法を練り、呼吸と共に心身を鍛えることが重視されています。剛柔流は、本土四大流派の一つでもあり、沖縄三大流派にも数えられます。この流派は、呼吸法を駆使した独自の訓練法を通じて、身体の内外両面を強化することを目的としています。

「上地流」

上地完文

 

上地流は、開祖の上地完文が中国の武人・周子和に教えを受けたパンガイヌーン(半硬軟)拳法を基に創設した流派です。上地流は、中国武術の流れを汲む独自の技術体系を持っています。当初は「パンガイヌーン流唐手」と呼ばれていましたが、後に開祖の名前にちなみ、上地流と改名されました。この流派は、肉体を頑強に鍛え上げることを重視し、厳しい鍛錬が特徴です。比較的新しい流派ではありますが、戦後は米国を起点に世界各地に広がり、多くの支持者を獲得しました。

 

沖縄空手の影響

これらの小林流や剛柔流は、沖縄から日本本土へと伝播し、現在の本土四大流派(松濤館・剛柔流・糸東流・和道流)の基礎を構成する重要な要素となりました。沖縄空手は、その歴史とともに進化し続けており、世界中で多くの人々に愛され、学ばれています。沖縄の空手は、その技術の高さと精神性の深さから、武道としてだけでなく、一つの文化としても尊重されています。

【本土四大流派】松濤館流・糸東流・剛柔流・和道流の特徴と歴史 | 日本の空手の基礎を築いた流派

【空手の歴史】首里手、那覇手、泊手を徹底解説

created by Rinker
¥836 (2024/06/22 20:49:41時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥792 (2024/06/22 20:49:42時点 楽天市場調べ-詳細)