誰もが最初はビギナー!空手・キックボクシングは誠空会で!

少年部(フルコンタクト空手)

どんな空手??

少年部での組手はいわゆるフルコンタクト空手(極真ルール)を採用しております。
簡単に説明すると、直接攻撃はあてますが、顔面へのパンチは禁止のルールです。

型は伝統空手の糸東流の型を練習しています。
伝統的な空手を練習して実践に生かして行きます。

友好道場の大会にも積極的に参加しており、プロへの登竜門である新空手でも全日本王者も誕生させております。
選手育成だけではなく、誠空会では空手を通して「明るく、強く、礼儀正しい子」の育成を目指しています。

指導方針についてはコチラをご覧下さい。

少年部って何歳から入れるの??

少年部は、4才から中学生までです。
中学生からは今まで通りの少年部クラスと顔面有りの一般クラスを自由に選べます。

練習日は??

月曜から土曜まで毎日練習しています。
基本的に来る曜日を最初に決めてクラスに週2回参加可能です。
用事等で来れなかった場合でも、毎日開講しているので好きな曜日に振替も自由です。
詳しくはタイムテーブルをご覧下さい。

初期費用は??

入会金+月謝2ヶ月分+スポーツ保険代+登録手数料=¥18,180が最初に必要になります。
詳細は、料金表をご覧下さい。

それと道着+拳サポ+すねサポ+ファールカップで約1万5千円程必要になります。
*道着のサイズで多少値段が変わります。

子供が空手を始めるメリット

「礼儀作法が身に付く」

空手でも社会でも基本的な「挨拶」。 空手を学ぶことによって、子供たちは自然に挨拶・返事ができるようになります。 両親をはじめとする目上の人に対する尊敬の気持ちも芽生えてきます。 挨拶という礼儀作法を行う中で、自然と人間関係を築いていけるようになります。

「基礎体力が付く」

子どもの身体能力や運動機能の発達は、身体を使う体験に大きく左右されます。また、筋力や身のこなし、身体の使い方など、目を見張るスピードで習得して行きます。誠空会のトレーニングには、夢中になるほど楽しくて、何度もでもやりたくなるような遊びが満載です。遊びを取り入れたトレーニングで楽しんでいく中で自然と、それらが身に付きます。一番効果的で最重要なポイントは、夢中になって何度も楽しむことです。

「積極性が身に付く」

級が上の子どもたちには号令をかけたり、練習のサポートをしてもらったりとリーダーシップが身につくような訓練をしています。 また、小さい子や初心者の気持ちを考えサポートする事で人を思いやる気持ちを育みます。リーダーになると、「自分はできる」という自信を持つことができます。 自信を持つと何ごとにも積極的になれ、人にも優しくなれるものです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 空手道 誠空会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.